スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
ドラゴンボールZ 復活のF を見てきました

今日は仕事が休みだったのでドラゴンボールの映画、『復活のF』を見てきました♪
去年の神と神も見てきたので今年も・・(笑)

劇場で配られる特典。
ももクロのポストカードに笑いましたwww よく名前がわかりませんが、右の人よくクリリンの役引き受けたなぁ。


これはゲーセンで取ったフリーザのバスタオル。今日の風呂から使おうかな。


こっから先感想です。ネタバレ全開なのでご注意ですよ。

映画の感想なんですが僕が個人的に思ったのは、不完全燃焼拍子抜けって感じでした。
予告で「おぉ〜!フリーザがもっと強くなってるのか!」とワクワクしてたんですが正直微妙な強さでした。
トレーニングをせずにあの強さ、トレーニングしたらどれだけ強いのか?との期待を裏切ってくれましたねw


フリーザはいきなり最終形態で悟空と戦って、途中で更に変身してゴールデンフリーザになります。
ネーミングがアレですがフリーザ自身も「安直なネーミングですが・・」と言ってるのでヨシとしましょうw
で、このゴールデンフリーザの戦闘力は公式発表で1垓というとてつもないモノ。
正直物凄いインフレなんですが悟空やベジータたちは”超サイヤ人ゴッドのパワーを秘めた超サイヤ人”という青い髪の超サイヤ人になりGフリーザと互角に戦います。

で、この青髪のサイヤ人なんですがチョー強いんですよ。Gフリーザに序盤は押されてたものの、『Gフリーザの変身時間は長くなく、体力の消耗が激しい』という弱点をつき後半は青髪サイヤ人が圧倒します。
正直「もうコイツには勝てないんじゃないか・・。」と絶望を思わせる節が無くて拍子抜けでしたね。予告であれだけフリーザの強さ煽ってたのに。
戦闘のシーンは良かったんですが・・。もうちょっとフリーザの強さを輝かせても良かったんじゃないでしょうか。


悟空も悟空で舐めプして不意打ちであっさりやられるし。
原作で悟空はフリーザに「油断してて隙だらけ」って言ってるのに、学習能力がないというかなんというか。
でも不意打ちは良かったですねw フリーザっぽくて。ここは好感。


あとは前作『神と神』に登場したビルスとウィスなんですが、悟空とフリーザの戦闘の最中にサンデーを食べてて水を差す感じがなんだかなぁって思いました。
Gフリーザもビルスには何かたじろいでたし・・。フリーザ強くなって帰ってきたんでしょ?なんでたじろいでんの??これがあるからイマイチフリーザの強さが伝わってこないんですよね〜。
Gフリーザの戦闘力が1垓、しかしビルスはGフリーザよりさらに上だしウィスは更に上。インフレもいいとこですw
というかウィスの『時間を操作する』能力は反則でしょwアレなかったらフリーザに勝ててないですもんww


またウィスやビルスが作中で「悟空とベジータが組めばフリーザに勝てる」など言ってましたが戦闘が入れ替わって一対一ってのもフリーザの強さが伝わらないなって思いました。
まぁ悟空やベジータが修行を積んで強くなったってことはわかりますよ。だけどねぇ・・。


僕は『復活のF』と聞いてFはフリーザのことでもあり、フュージョンのことでもあるんじゃないかなーって思ってたんですよ。
二人がかりでも倒せない→「組めば勝てる」→フュージョン!→ベジット

みたいな流れを期待したんですけどね・・。時系列がフリーザを倒した直後ならまだしも、ブゥを倒してからですから出来ますよね?


そしてそして一番の不満点はトランクスとの絡みが一切ないこと!
これはね〜・・。う〜〜ん・・なんで?確かに倒したのは子供トランクスじゃなくて大人トランクスだけどさぁ・・。
クリリンを殺した時のようにトランクスをいたぶる→貴様ぁぁぁぁ!!ってのもあってもよかったんじゃないかと思います。

 
まとめ
不満が多く残った映画でした。
戦闘シーンなんかは良かっただけに残念でした。次回作はセルとか出てくるんでしょうかね?
| あのまめ | その他 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2015/06/07 12:43 AM posted by: 水をさすようでなんですが。
ベジットはポタラの力による強制変身であって、変身は
不可能ですよ。 そもそもベジータが合体解除後にも拒否反応を示してましたよね。
仮にフュージョンならゴジータですが、あれは劇場版だけのオリジナル設定であって、原作には一切登場してません。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://derukuru.jugem.jp/trackback/393